Spatial poetics XV

 

今週 土曜の夜に開催される『Spatial Poetics XV』で、書道家の姫洲さんがお二人の太鼓アーティストと共演します。

 

15年目を迎えるこのイベントは、アーティストが自分の専門の領域を超えてパフォーマンスベースで新しいアートを実験的に試みるという取り組み。15回目の今年はパウエル祭協会が主催し、日本のゴーストストーリーをテーマに創作を披露します。

 

姫洲さんは第一部に登場。イベントに先立ち、メッセージをいただきました。

ゴーストストーリーを音楽や語り、ボイスアクティングやビジュアルアートで表現します。ガスタウンで土曜の夜をエンジョイした後に、ぜひもう一足伸ばしてパフォーマンスを見てくれたらなと思います!パウエル祭活性化のためにもよろしくお願いします☆彡.

 

第二部は、有名な『むじな』(Mujina)- のっぺらぼうの話をムーブメント、舞踏、ビオラのソロで表現します。

 

バンクーバーを舞台に活躍するパフォーマー/ダンサー/ミュージシャン/芸術家・芸術監督の共演に、ゴーストストーリーでなくても身震いしそうな夜になりそう。

 

 

『Spatial Poetics XV』 presented by Powell Street Festival Society
日時:6月25日(土) 午後7時半開場、8時開演

場所:Studio D, SFU Woodward’s (149 West Hastings Street)
イベントWebサイト
イベントFacebook

 

前売りチケット 12ドル  チケットを購入する
当日チケット 15ドル