All Girls Need Is Treasure = AGNIT

 

 

女性向けアクセサリー製作のアグニット(agnit) の愛さんにインタビューしました。

 

アグニットは2017年の春からバンクーバーに滞在している愛さんと、日本在住のお2人、合わせて3人で4年ほど前から活動をしています。

 

ピアス、イヤリングを中心にネックレス、ブレスレットなど、三人三様で思い思いにアクセサリーを作り、その中からお客様にとって宝物となる1つを見つけてもらいたいというのがコンセプト。みんなに好まれ、ありそうでない、個性のある作品作りを目指しているため、自分だけの宝箱を開ける感覚でショッピングを楽しんでいただけます。

 

 

手作りでも高級感が出るように素材やパーツなどにこだわり、日常でも職場でも大活躍するきれいでユニークなアクセサリー。価格帯はカナダドルで$5ー$30、日本円で1000円~2500円で購入可能と、とても良心的です。

 

 

日本では、8万人以上の集客があるというロハスフェスタへの出展、池袋、秋葉原、下北沢等、都内近郊にて開催されている人気の青空個展への出展のほか、手作り作品の大手通販サイトのminneやCreemaでも販売をしています。

 

バンクーバーでは今後、愛さんが孤軍奮闘で月1回~2回の出展を計画中。

 

愛さんは1年間で30ヵ国以上旅をし、南米ペルーのクスコを訪れた際に買い付けたメロメロという魚のウロコに色を付けたものを使って製作したアクセサリーは大人気だったという楽しいエピソードも話してくださいました。

 

 

日本にいたときは本業のストレス発散で夜中までアクセサリー製作をしたり、メディテーションをしているかのように黙々と作るという愛さん。バンクーバーでの新たな買い付けの日々で生まれる新しい作品の数々が今から待ち遠しいですね。
愛さん自身がバンクーバーの生活や人との出会いを楽しみながら、今後agnit を広めていきたいと話してくださいました。

 


Instagram     Facebook